FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「家政婦は見た!」25年目の惜別ラスト

2008.06.10
テレビ朝日「土曜ワイド劇場」(土曜後9・00)の人気シリーズで市原悦子主演の「家政婦は見た!」が、7月12日放送の第26作でファイナルを迎える。第1作から25年。エリート家庭に派遣された家政婦・秋子が、表からはうかがい知れないドロドロと人間関係をのぞき見るという内容で、お茶の間に親しまれてきた。市原は「いとおしい」と代表作との別れを惜しんだ。
 同局の関拓也プロデューサーは「番組が好調なうちに、いい形で終了させることで、市原さん演じる家政婦・秋子という素敵なキャラクターと番組を、人々の心にいつまでも残したいと願っています」とシリーズ終了の理由を説明。
第1作から72歳まで変わらず主演を務めてきた市原は「寂しい気持ちでいっぱいですが、一方でホッとしたという面もあります。いろいろなことが勉強できた、いい番組でした」と感慨深げ。
「殺人事件がないのにスリルがあり、現代を暴くというストーリー。それを社会派ドラマに仕上げてくれた。秋子さんにはエールを送るとともに、いとおしい気持ちでいっぱいです」と代表作との“別れ”を惜しんでいる。作品では、フジテレビ「おばさんデカ 桜乙女の事件帖」(94年~)シリーズも昨年終了した。 1983年7月放送の第1作は27・7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)という高い視聴率を記録。
翌年の第2作も30・9%に達し、人気シリーズとして定着。この数字はシリーズ最高で「土ワイ」史上でも1位として、現在も破られていない。平均視聴率は21・5%。10月クールには連続ドラマとして全11話(平均15・4%)で放送されたこともある。時々で注目される業界の人々を取り上げ、リアリティーあふれる社会派ドラマとしても評価された。
最新作は、外務官僚宅に派遣された秋子が華やかな家庭に秘密を探る物語。
テレビ朝日開局50周年記念特別企画として放送され、佐野史郎、かたせ梨乃ら豪華キャストが脇を固める。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。