FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つじあやの、映画主題歌でフィッシュマンズをカヴァー

2008.05.17
シンガーソングライターのつじあやのが今夏公開の映画『ネコナデ』の主題歌を担当することがわかった。伝説のバンド“フィッシュマンズ”の名曲「頼りない天使」をカヴァーする。これまでスタジオジブリ作品『猫の恩返し』(2002年公開)を映画主題歌を担当。
今回で映画主題歌を担当するのは5作目となる。
映画『ネコナデ』は、大杉漣演じる堅物な主人公・鬼塚太郎が子ねこに翻弄されながらもいつしか癒され、やがては子ねこをきっかけに転機を迎えるというストーリー。
人事部長として会社に社員を容赦なく切り続けていた鬼塚は、日の帰宅途中、捨てられていた子ねこと出会い、その日を境に想像を絶する奮闘の日々が始まる。愛くるしさ満点の子ねこに振り回され奮闘する鬼塚の姿にくすっと笑いつつも、やがて鬼塚に愛おしささえ感じてしまう、そんな心温まるコメディタッチのねこ映画となっている。
つじあやのは本作のために、フィッシュマンズの「頼りない天使」をウクレレサウンドにアレンジ。
心地良い歌声とほのぼのとしたウクレレの音色が、鬼塚太郎とトラ(子ねこ)のほんわかする関係にピッタリなナンバーに仕上がっている。
ネコ好きまっしぐら間違いなしの映画『ネコナデ』は、2008年夏、渋谷Q-AXシネマほかで全国一斉ロードショー。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。